スマートパノラマ利用規約

2017年5月1日 制定

1. この利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社スマパノ(以下「サービス提供者」といいます。)が提供するクラウド型パノラマ編集ツールである「SmaPano」(以下「本サービス」といいます。)を、ユーザーが利用する際の一切の行為に適用されます。
2. 本規約は、本サービスの利用条件を定めるものであり、ユーザーは、本規約に従って本サービスを利用するものとします。
3. ユーザーは、本サービスを利用する都度、本サービスにおいて提供される情報、注意事項などを確認するものとします。また、ユーザーは、本サービスを利用することにより、本規約の全ての記載内容について同意したものとみなされるものとします。

1. サービス提供者は、本規約の他にサービスの利用条件、利用上の決まり等を規定する場合があります。その場合、その規定の名称が何であるかを問わず、本規約の一部を構成するものとします。
2. 本規約の定めと、本規約以外の本規約の定めが異なる場合は、本規約の定めが優先して適用されるものとします。

1. サービス提供者は、ユーザーの事前の承諾を得ることなく、本規約を、任意の理由で随時変更することができ、ユーザーはこれを承諾するものとします。
2. 変更後の本規約は、サービス提供者が別途定める場合を除いて、本サービス上に表示した時点より効力を生じるものとします。したがって、本サービスをご利用の際には、随時、最新の本規約をご確認ください。
3. ユーザーが、本規約の変更の効力が生じた後に本サービスを利用された場合は、変更後の本規約の全ての記載内容に同意したものとみなされます。

1. 本規約に基づくサービス提供者からユーザーに対する通知その他の連絡は、電子メールをもって行うものとします。この場合、サービス提供者は、ユーザーの登録メールアドレスに電子メールを送信したことをもって、ユーザーに対する通知が行われたものとみなされます。
2. サービス提供者は、ユーザー全員に対する通知に関しては、本サービスのウェブサイト上に通知内容を公表することをもって、前項に定める通知に代えることができます。この場合、公表の時点をもって、通知が到達したものとみなされます。
3. 本規約に基づくユーザーからサービス提供者に対する通知その他の連絡は、サービス提供者の電子メールアドレスに対する電子メールによるものとします。

1. サービス提供者は、ユーザーが次の各号に掲げるいずれかの行為を行った場合には、サービス提供者の判断で、ユーザーを強制的に登録解除し、本サービスの利用をお断りする場合があります。
  (1) 本規約に違反した場合、または違反するおそれがある場合
  (2) ユーザーである法人が解散・合併その他の理由で消滅した場合
  (3) その他サービス提供者が不適切と判断した場合
2. サービス提供者は、本サービスの登録を解除されたユーザーに関する一切の情報を、解除後も引き続き保有する義務を負わないものとします。

1. ユーザーは、1ユーザーにつき1つのアカウントを保有するものとします。
2. サービス提供者は、ユーザーが本規約に違反し、または違反するおそれがあると認めた場合、あらかじめユーザーに通知することなく、アカウントを停止または削除することができます。
3. ユーザーの本サービスにおけるすべての利用権は、理由を問わず、アカウントが削除された時点で消滅します。
4. 本サービスのアカウントは、ユーザーのみが利用できるものとし、ユーザーの本サービスにおける全ての利用権は、第三者に譲渡、貸与等させることはできません。

1. ユーザーは、自らのアカウント及びこれに対応するパスワードの使用及び管理について、一切の責任を持つものとします。
2. サービス提供者は、アカウント及びこれに対応するパスワードが第三者に使用されたことによって当該ユーザーが被る損害については、一切の責任を負いません。
3. ユーザーは、アカウント及びこれに対応するパスワードが盗まれるなど、第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにサービス提供者にその旨連絡すると共に、サービス提供者からの指示がある場合にはこれに従います。
4. ユーザーは、自己の設定したパスワードを失念した場合は、直ちにサービス提供者に申し出て、その指示に従います。

1. ユーザーは、本サービスを利用するために必要な、PC、スマートデバイス、通信機器、その他のあらゆる機器、ソフトウェア、通信手段、電力等を、自己の責任と費用において、適切に整備するものとします。
2. ユーザーは、自己の利用環境に応じて、コンピューター・ウィルスの感染の防止、不正アクセス及び情報漏洩の防止等のセキュリティ対策を講じるものとし、サービス提供者は、ユーザーの利用環境について一切関与せず、また一切の責任を負わないものとします。

本サービスにおいて、ユーザーは、パノラマ画像等を使ったウェブページを作成することができます。ユーザーは、パノラマページの作成にあたり、文章、写真、動画、音楽等(以下「ユーザーコンテンツ」といいます。)をアップロードし、パノラマページとともに表示させることができます。

本サービスを利用して、ユーザーコンテンツをアップロードするユーザーは、サービス提供者に対して、当該ユーザーコンテンツが、第三者の著作権、商標権、パブリシティ権その他一切の権利、及び第三者の名誉、プライバシー等を侵害せず、適法であることを保証します。万一、ユーザーがアップロードしたユーザーコンテンツに関して、第三者との間で何らかの紛争が発生した場合には、当該ユーザーの責任において問題を解決するとともに、サービス提供者になんらの迷惑または損害を及ぼさないこととします。

ユーザーは、本サービスの利用に当たり、以下の各号に該当し、該当するおそれがある行為、または、該当し、該当するおそれがあるとサービス提供者が判断する行為を行ってはなりません。
(1) 本サービス内のデータをユーザーに許可された方法以外で操作または変更しようとする行為
(2) 本サービスに影響を与える外部ツールの利用・作成・頒布等の行為
(3) サービス提供者または第三者のサーバーに負担をかける行為、もしくは、本サービスの運営やネットワーク・システムに支障を与える行為
(4) サービス提供者または第三者の著作権、商標権その他の知的財産権を侵害する行為
(5) サービス提供者または第三者の財産、プライバシー若しくは肖像権を侵害する行為
(6) サービス提供者または第三者を差別若しくは誹謗中傷し、その名誉若しくは信用を毀損する行為
(7) 他の人物・団体(サービス提供者を含みます。)を名乗ったり、他の人物や団体と提携、協力関係にあると偽って本サービスを利用する行為
(8) 以下に掲げる内容のユーザーコンテンツをアップロードする行為
  ① アダルトサイト、ワンクリック詐欺サイト、ウィルス等の有害なコンピュータプログラム等を流布させることを目的とするサイト、グロテスクな画像等、サービス提供者が不適切と判断するサイトに誘導するユーザーコンテンツ(リンクを張る行為を含みます。)
  ② その他サービス提供者が不適切と判断するユーザーコンテンツの情報
(9) 第三者のユーザーコンテンツを改ざん、消去等する行為
(10) 有害なコンピュータプログラム等を送信し、または他者が受信可能な状態におく行為
(11) 上記各号の他、法令、本規約、公序良俗等に違反する行為、本サービスの運営を妨害する行為、サービス提供者の信用を毀損し、またはサービス提供者の財産を侵害する行為、第三者若しくはサービス提供者に不利益を与える行為
(12) 上記各号のいずれかに該当する行為を助長する行為
(13) その他、サービス提供者が不適切と判断する行為

1. サービス提供者は、本サービスの提供に必要な範囲で、ユーザーコンテンツを閲覧したり、保存したり、第三者に開示することができます。また、サービス提供者は、それによって生じたいかなる損害についても責任を負いません。
2. サービス提供者は、以下の各号に定める場合に、サービス提供者の完全なる裁量に基づいて、ユーザーコンテンツについて、その全部もしくは一部の削除、修正、非公開化等の措置を行う場合があります。
  (1) 公的な機関または専門家(国、地方公共団体、特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限および発信者情報の開示に関する法律のガイドラインに規定された信頼性確認団体、インターネット・ホットライン、弁護士等をいいます。)から、ユーザーコンテンツについて、違法、公序良俗違反または他人の権利を侵害する等の指摘・意見表明があった場合
  (2) 権利者と称する者から、ユーザーコンテンツが自分の権利を侵害する旨の申告があった場合
  (3) 前条に定める禁止行為にあたる投稿がなされた場合
3. サービス提供者は、本条に定める措置によって、ユーザーに生じたいかなる損害についても責任を負いません。

1. 本サービスは、サービス提供者がその時点で提供可能なものとします。サービス提供者は、本サービスについて、その完全性、正確性、適用性、有用性、利用可能性、安全性、確実性等につき、いかなる保証もしません。
2. サービス提供者は、本サービス上のバグその他を補修する義務および本サービスを改良または改善する義務は負いません。
3. ユーザーは、ユーザー自身の責任において本サービスを利用するものとし、サービス提供者は、ユーザーが本サービスを利用する中でなされた一切の行為及びその結果について一切の責任を負いません。
4. サービス提供者は、ユーザーが本サービスを利用したこと、または利用ができなかったこと、本サービスにおけるユーザーコンテンツその他本サービスに関連する事項に起因または関連して生じた一切の損害について、一切の責任を負いません。万一、本サービスに関連してユーザーと第三者との間において紛争があった場合でも、当該ユーザーにおいて解決するものとし、サービス提供者は一切その責任を負いません。
5. サービス提供者は、本サービスの内容の追加、変更、または本サービスの中断、終了によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。また、アクセス過多、その他予期しない原因で、本サービスの表示速度の低下や、アクセスが不可能となった場合も同様に、一切その責任を負いません。
6. サービス提供者は、ユーザーによって投稿されるユーザーコンテンツを監視し、保存する義務を負いません。
7. ユーザーコンテンツに関する責任は、当該ユーザー自身にあります。したがって、サービス提供者は、ユーザーコンテンツの合法性、道徳性、信頼性、正確性、有用性について一切責任を負いません。
8. ユーザーが他人の名誉を毀損した場合、プライバシー権、パブリシティ権を侵害した場合、許諾なく第三者の個人情報を開示した場合、著作権法(昭和45年法律第48号)に違反する行為を行った場合、その他第三者の権利を侵害した場合には、当該ユーザーは自身の責任と費用において、当該問題を解決しなければならず、サービス提供者は一切責任を負いません。
9. 本規約に違反する行為またはその恐れがある行為があったと信じるに足りる相当な理由があるとサービス提供者が判断した場合は、当該行為を行ったユーザーの利用を停止し、ユーザーコンテンツの全部または一部を削除し、非公開化等を行う場合がありますが、それによって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。
10. サービス提供者は、理由の如何を問わず、本サービスの追加、変更、中断、終了につき、一切の責任を免除され、ユーザーに何らかの不利益または損害が発生した場合であっても、サービス提供者は一切責任を負いません。

サービス提供者は、サービスの提供者の判断により、本サービスの仕様・デザイン・視聴覚表現等の変更、本サービスの全部または一部の提供を中断または終了することができ、それに伴いユーザーまたは第三者に生じる損害を賠償する義務を負いません。ただし、本サービスの全部または一部の提供を中断または終了する場合は、やむを得ない事情がある場合を除き、ユーザーに事前に通知することとします。

1. ユーザーが本規約に違反した場合、その他サービス提供者が必要と認めた場合は、サービス提供者は当該ユーザーに対して、以下の各号に定める措置を含む、サービス提供者が必要と判断する措置を講ずることがありますが、その義務を負うものではありません。なお、この措置により、ユーザーに不利益や、損害が発生した場合であっても、サービス提供者はその責任を負いません。
  (1) 本規約に違反する行為を止め、同様の行為を繰り返さないよう要求すること
  (2) ユーザーコンテンツの削除・修正を自発的に行うよう要求すること
  (3) ユーザーコンテンツの全部または一部を削除し、または第三者が閲覧できない状態に置くこと
  (4) 刑事事件、行政事件その他に該当する可能性がある場合の警察その他の公的機関への通報等の、違反事実を本サービス内外に開示すること
  (5) 一時的にアカウントを利用停止とすること
  (6) 本サービスの利用を停止すること
2. ユーザーは、サービス提供者が本条第1項の規定に基づいて行った本規約に違反する行為等への対処について、異議を申し立てることはできません。

1. 本規約は、日本法に準拠し、日本法に従って解釈されるものとします。
2. 本規約に関して、サービス提供者とユーザーとの間で紛争が生じた場合は、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。